3Dプリントサービス

ものづくりに携わる方だけでなく、一般的にもその名前が知れ渡るようになった3Dプリンター。
この3Dプリンターには様々な種類の製造方法があり、私たちは、その製法によって呼び方を区別しています。
八十島プロシードが保有する造形装置は、粉末積層造型機と3Dプリンター、フルカラー3Dプリンター、FDM方式3Dプリンターの4種類です。
その中でも、最新の粉末積層造形機(大型機1台、小型機2台/材料:ナイロン12)と、マルチマテリアルによるマルチカラー造形が可能な3Dプリンター3台(材料:アクリル系)、フルカラー3Dプリンター2台(材料:石膏)、そしてFDM方式(大型機2台、中型機4台、小型機3台/材料:ULTEM、ABS樹脂をはじめとしたマルチマテリアル12種類)を導入し、それぞれの特徴を生かした高精度な試作品および最終製品の製造を行っています。

造形機比較表
FDM
Fortus250mc Fortus400mc Fortus900mc
材料 ABS-Plus-P430
(汎用ABS樹脂:9色)
※10種類(FDM欄参照 ※12種類(FDM欄参照
造形領域 x254 × y254 × z305 x406 x y355 x z406 x914 × y610 × z914
造形方式 FDM方式
積層 0.178mm, 0.254mm, 0.330mm 0.127mm, 0.178mm, 0.254mm, 0.330mm 0.178mm, 0.254mm, 0.330mm
粉末積層造形機 3Dプリンター フルカラー3Dプリンター
EOSINT P760 Formiga ObJet500 CONNEX3 Projet660 Pro
材料 ナイロン12 アクリル系紫外線硬化樹脂 石膏
造形領域 x679 × y368 × z568 x194 × y242 × z313 x490 × y390 × z200 x254 × y381 × z203
造形方式 CO2レーザー粉体焼結方式 紫外線硬化 インクジェット方式 インクジェット方式
積層 0.1~0.15mm (標準) 0.016mm(HQ) 0.030(HS,DM)
(3種類の樹脂を混合することができます)
0.1mm

熱溶融積層法(FDM方式)

FDM方式3Dプリンター(Stratasys社:Fortus250mc、400mc、900mc)

  • Ultem1010
    Ultem1010:サンプル
  • エフェクトスキン
    ABS:エフェクトスキン
  • ULTEM9085:断熱カバー
  • ULTEM9085:エアダクト
[図]FDM方式3Dプリンター(Stratasys社:Fortus250mc、400mc、900mc)
Fortus 250mc/Fortus 400mc/Fortus 900mc
FDM方式3Dプリンター(Stratasys社:Fortus250mc、400mc、900mc)
材料 下記参照
造形領域 (X)254mm x (Y)254mm x (Z)305mm
(X)355mm x (Y)254mm x (Z)254mm
(X)406mm x (Y)355mm x (Z)406mm ※拡張システム
(X)914mm x (Y)610mm x (Z)914mm
造形方式 FDM方式(Fused Deposition Modeling)
積層厚 0.127mm, 0.178mm, 0.254mm, 0.330mm

特徴

Fused Deposition Modeling(FDM)システムによる、費用対効果に優れる造形機です。
Fortus900mcは、最大914×610×914mm(36x24x36in.)の大きさのパーツを製作することが可能です。
また、12種のリアルマテリアルのラインナップから材料をお選びいただけることにより、製造工程における治具や金型、最終用途のパーツを始めとして、様々な用途に使用いただくことが可能です。
生体適合性材料や、静電気拡散性材料、熱や化学物質への耐久性を備えた高性能熱可塑性プラスチックなども造形材料として選択いただけます。

材料

材料 特徴 400mc 900mc
ABS-ESD7 静電気拡散性
ABSi 半透明
ABS-M30 6色のカラー、耐高張力、衝撃強度、曲げ強度
ABS-M30i 生体適合性
ASA 10色のカラー、優れた機械的強度、耐候性、美しいサーフェイスの外観
FDM Nylon 12 最高レベルの靱性
PC 優れた機械的特性、耐熱性
PC-ABS 最高水準の耐衝撃性、PCの機械的特性および耐熱性、ABSの美しいサーフェイスの外観
PC-ISO 生体適合性と優れた強度
PPSF 最高水準の耐熱性と耐薬品性
ULTEM 1010 FDM熱可塑性プラスチックで最も高い耐熱性、耐薬品性および引張強度
ULTEM 9085 優れた機械的、化学的、熱的特性

:利用可能

粉末焼結積層法(SLS方式)

粉末積層造形(EOS社:EOSINT P760、Formiga)

粉末積層造形(靭性・強度があり、耐熱性もある)

  • 歯車
  • ロボットアームハンド
  • ロボットアームハンド
  • 配筋模型
  • ハニカム構造体
[図]粉末積層造形(EOS社:EOSINT P760、Formiga)[図]粉末積層造形(EOS社:EOSINT P760、Formiga)
  • 3D CADデータから0.1~0.15mmのスライスデータを作成し、粉末積層造形装置にインプット。
  • 造形が開始すると、装置は0.1~0.15mmの厚みで、ナイロン粉末材料を造形用ボックスに敷き詰め、レーザーが、スライスデータで指示された箇所に照射することで、溶融し固められる部分と、粉末のまま残る個所ができる。
  • この粉末が、上部の硬化した部分を支えることで、精細な中空形状も実現することが可能となる。
  • この繰り返しにより、高精度で精密な模型が完成する。
  • 1cmの高さの造形に要する時間は、およそ1時間。
材料 ナイロン12
造形領域 X679 × Y368 × Z568mm
X194 × Y242 × Z313mm
造形方式 CO2レーザー粉体焼結方式
積層厚 0.1~0.15mm(標準)

特徴

※オートクレーブ対応が可能です

  • サポート材が不要
  • 光硬化樹脂より耐熱性が高い
  • 熱溶融型より密度が高く強度が高い
  • バインダーを使用していない
  • 生体適合性材料

インクジェット方式

3Dプリンター(Stratasys社:ObJet500 CONNEX3)

3Dプリンター(透明材料やゴムライク(軟性)材料もあり、マルチカラーの3種材料の同時造形が可能)

  • 橋梁鉄筋可視化模型
  • 樹脂簡易型
  • 脳と血管
  • 肝臓
  • 硬度差のある軟性材料
[図]3Dプリンター(Objet社:CONNEX)[図]3Dプリンター(Objet社:CONNEX)
  • 3D CADデータから0.016mm(HQ)あるいは0.030mm(HS,DM)のスライスデータを作成し、3Dプリンターにインプット。
  • 造形が開始すると、インクジェットノズルから液状のアクリル系材料が噴射され、必要な箇所のみに、噴射された材料がUV照射により硬化する。
  • 液状の材料であるため、サポート材と呼ばれる材料により中空部分が支えられ、模型が完成するという構造になっている。
  • 印刷のインクジェットと同じ原理で、3種類の材料カートリッジから同時に材料を噴射することが可能なため、材料を混ぜて硬度や色や透明度をコントロールしたり、明確に3色でパーツを色分けした模型を完成させることが可能である。
  • 1cmの高さの造形に要する時間は、およそ1時間。
材料 アクリル系紫外線硬化型樹脂
造形領域 X490 × Y390 × Z200mm
造形方式 紫外線硬化 インクジェット方式
積層厚 0.016mm(HQ) 0.030mm(HS,DM)
(3種類の樹脂を混合することができます)

特徴

マルチマテリアル、最大46色対応の最新最高精度造型機ObJet500 CONNEX3は、今までのABSライク、PPライク、透明材料に加え、軟質材料および透明材料のカラーバリエーションが豊富になりました。

※世界初の複数樹脂同時噴射による、マルチカラーの同時成型。

  • アクリルベースの硬質材料と軟質材料の混合により、質感の違いを再現。
  • DM(デジタルマテリアル)・・・様々な材料を組み合わせることにより、硬度(ショアA) 27°~95°まで実現可能。

[モデル材料]

  • 生体適合性材料・・・MED610
  • アクリル系硬質樹脂・・・透明・白・グレー・黒・青・シアン・マゼンタ・イエロー
  • ラバーライク樹脂・・・半透明・黒・グレー
  • PPライク樹脂・・・白
  • ABSライク樹脂・・・アイボリー・グリーン
  • 高耐熱樹脂・・・アイボリ
  • 軟質樹脂・・・ 46色カラー + ShoreA 27°~95°再現

フルカラー3Dプリンター(3Dsystems社:Projet 660Pro)

フルカラー3Dプリンター(石膏材料によるフルカラーの精細な模型を実現)

1/100戸建模型 階段の手すりはもとより、リビングテーブル上のコーヒーカップまでも再現されている
[図]フルカラー3Dプリンター(Projet 660Pro)[図]フルカラー3Dプリンター(Projet 660Pro)
  • カラーやテクスチャー情報の含まれる3Dデータから、0.1mmのスライスデータを作成、フルカラー3Dプリンターにインプット
  • 造形が開始すると装置は0.1mmずつの厚みで石膏材料を造形するボックスに敷き詰める。
  • インクジェットノズルから噴射するカラー接着剤がスライスデータのアウトラインを固めていくことで、美しいカラーの仕上がりが実現される。
  • また、固まっていない石膏粉末がサポート材の役目を果たすことで、中空構造も実現される。
材料 石膏
造形領域 X254 × Y381 × Z203mm
造形方式 インクジェット方式
積層厚 0.1mm

特徴

※最大600万色が実現できる最高スペックのフルカラー3Dプリンターです。

  • CMYKカラーで、繊細な色彩の3D模型を実現
  • 28mm/1時間 と高速での造形実現
  • 複数プリントヘッドを使用し、高精度な模型を実現
  • レイヤー厚:0.089 - 0.102 mm

3Dサービス

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ