FAQ

会社について

Q:PEEK(ピーク)材の加工品では、どのような分野での実績が有りますか?
A:半導体製造、液晶を含むFPD製造、食品製造、飲料製造、自動車製造、原子力関連等で、 多くの実績があります。特に半導体製造の業界では、PEEK(ピーク)材の溶接加工が できるということから、WAFERの洗浄装置をはじめととする半導体製造装置で多くの実績を 持っています。
また、現在は医療業界の実績も着実に増やしており、あらゆる分野で、弊社の製品が使用されております。
Q:PEEK(ピーク)材はどのような加工が出来ますか?
A:PEEK材は、機械切削加工、溶接・溶着加工、曲げ加工、他部品(他材質)とのアセンブリ加工等を行っています。
Q:どうしてPEEK(ピーク)材に強いのですか?
A:1988年に住友化学工業(株)の中間素材の総代理店として取り扱いを開始し、今年で23年になります。
そのためPEEK材の特性、加工に精通しており、様々なお客様のご要望にお応えしてきた実績があります。
また、素材メーカー的な立場でPEEK材を常に豊富に在庫しており、現状4つの工場でお客様のご要望に応え続けているからです。 また、原料の供給先であるビクトレックジャパン(株)様とも 定期的に情報交換の場を持ち、常にPEEK材の動向に注視しています。
Q:PEEK(ピーク)材の在庫はありますか?
A:PEEK材は、板材・棒材共に在庫しております
Q:工場はどこにありますか?
A:仙台、滋賀、大阪、大分の4工場があります。
仙台工場については、2006年11月に竣工した東日本初の工場となります。
超精密・微細加工をテーマとし、①振動に強い工場 ②機能的な動線をもつ工場 ③温室管理・モニタ リ ングシステム 3つの特徴を備えた工場が建設されました。
このような、磐石の体制によりお客様のご要望に確実のお応えできる環境を整えています。
拠点案内をご参照下さい。)
Q:営業拠点はどこにありますか?
A:2007年10月31日に開設した、医療機器専門チームNextMED開発室を含めて、下記の8拠点になります。
  • ・仙台支店
  • ・東京支店
  • ・神奈川支店
  • ・滋賀支店
  • ・大阪支店
  • ・NextMED開発室(神戸)
  • ・九州支店
  • ・久留米営業所
※詳細は企業紹介の拠点案内をご覧下さい。
Q:材料の販売は行っていますか?
A:板材、棒材とも販売を行っておりますし、一部の材料を除いて、 お客様のご要望のサイズにカットしての販売も行っております。詳しくは、お問い合わせください。
Q:どのような分野での実績が有りますか?
A:実績分野としては、半導体製造、液晶を含むFPD製造、食品製造、飲料製造、自動車製造、 原子力関連等で、多くの実績があります。
特に半導体製造の業界では、PEEK(ピーク)材の溶接加工ができるということから、 WAFERの洗浄装置をはじめととする半導体製造装置で多くの実績を持っています。
また、現在は医療業界の実績も着実に増やしており、あらゆる分野で、弊社の製品が 使用されております。
高精度な加工技術、納期、そしてコストの面から多くの実績を持っています。
Q:プラスチック(樹脂)材料で、取扱いの多い材料は?
A:PEEK(ピーク)、PI(メルディン)、スミカスーパーS1000・S300PPS、PESを中心としたスーパーエンプラに属する材料の加工が現在は、 非常に多いです。 特にPEEK、PI(メルディン)は、豊富な在庫量と、多くの加工実績をもっています。
Q:どのような加工ができますか?
A:プラスチック(樹脂)の板材、棒材、パイプ材の 機械切削加工、三次元加工、ラッピング・ポリッシング加工、溶接・溶着加工等を行います。

加工について

Q:納期はどれくらいかかりますか?
A:工場の稼動状況や、製品の形状等、お見積を頂いた時の条件により異なります。 詳細については、お見積の際に回答させて頂きます。
Q:価格を知りたいのですが、見積りについて教えて下さい。
A:図面または、サンプルをお送り頂けましたら、即日または翌営業日には回答させて頂きます。 サンプル品のみの場合は、こちらで図面をおこし、お客様の承認を得てからの見積となります。 詳細については、お問い合わせ下さい。 ※お問い合わせフォーム
Q:どのような加工ができますか?
A:プラスチック(樹脂)の板材、棒材、パイプ材の 機械切削加工、三次元加工、ラッピング・ポリッシング加工、溶接・溶着加工等を行います。

材料について

Q:PI(ポリイミド)材の加工品では、どのような分野での実績が有りますか?
A:MELDIN(メルディン)の実績分野としては、液晶製造、ガラス製造、PETボトル製造、半導体製造、 光学機器製造等で多くの実績があります。特に液晶製造、ガラス製造の業界では、材料の特性(超耐熱、アウトガス、クリーン性)と 高精度な加工技術、納期、そしてコストの面から多くの実績を持っています。
Q:PI(ポリイミド)材の在庫はありますか?
A:弊社は、サンゴバン(株)様の全芳香族ポリイミドMELDIN(メルディン)7000シリーズを、 ポリイミドのメイン材料として扱っております。他社のポリイミドと同等の性能を有している材料であり、 板材、棒材共に十分な在庫量を維持しています。
Q:PEEK(ピーク)材の加工品では、どのような分野での実績が有りますか?
A:半導体製造、液晶を含むFPD製造、食品製造、飲料製造、自動車製造、原子力関連等で、多くの実績があります。
特に半導体製造の業界では、PEEK(ピーク)材の溶接加工ができるということから、 WAFERの洗浄装置をはじめととする半導体製造装置で多くの実績を持っています。
Q:PEEK(ピーク)材はどのような加工が出来ますか?
A:機械切削加工、溶接・溶着加工、曲げ加工、他部品(他材質)とのアセンブリ加工等を行っています。
Q:どうしてPEEK(ピーク)材に強いのですか?
A:1988年に住友化学工業(株)の中間素材の総代理店として取り扱いを開始し、今年で23年になります。
そのためPEEK材の特性、加工に精通しており、様々なお客様のご要望にお応えしてきた実績があります。
また、素材メーカー的な立場でPEEK材を常に豊富に在庫しており、現状4つの工場でお客様のご要望に応え続けているからです。 また、原料の供給先であるビクトレックジャパン(株)様とも 定期的に情報交換の場を持ち、常にPEEK材の動向に注視しています。

FAQ

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ