八十島プロシード仙台工場

  • 5つの特徴
  • 工場内見学
  • 仙台支店

2006年12月1日、八十島プロシードの5番目の工場となる仙台工場が稼働しました。 ここでは、皆さんに仙台工場の持つ特徴をイラスト、写真を交えてご紹介しています。
新しいスローガン"Carve out the future(未来を削りだす)"のもと、お客様のご要望に応えうる会社を目指しています。

1.振動に強い

東北大学大学院工学研究科の学術指導に基づき、設計、施工されました。
特に精密加工エリアでは、外部からの振動を防御すると同時に、他へ振動を伝えない最新の振動防御床構造となっています。

2.湿度・強度に軽量を受けない

滋賀県立大学工学部機械システム工学科の学術指導に基づき設計、施工されました。
屋根、壁部、床部には、スチレンフォーム等の断熱材を敷設し、断熱効果を高めています。 空調は、冷温水を利用したガス空調システムを採用し、各エリアに複数のセンサーを設置、常に温度21℃±1℃、湿度50%±10%を維持しています。

3.集中管理&モニタリングシステムを持つ工場

各エリアに設置された、センサーを通して、2Fのコントロールルームで、温湿度、電源のON/OFF管理を行い、 ネットワークカメラを通して、リアルタイムな加工状況の映像を46inchの大型ディスプレイで確認することが出来ます。 また、全加工エリア(A~E)が目視できる約300度の視界を確保しています

4.機能的な動線を持つ工場

機能性を重視し、六角形というユニークな形を採用しました。
2階建て構造で、1階部分は、6つのエリアが、検査室、クリーンルームを取り囲み、どのエリアからも等距離でアクセスできるようになっています。
2階には、全加工エリアを目視でき、既存の4工場とネットワークシステムで結ばれ、他工場の状況もリアルタイムで確認可能なコントロールルームを設置しています。

5.人にやさしい工場

工場内は、落ち着いた色調(人にやさしい)のパステルカラーを採用し、社員の疲労感を和らげ、集中力のアップが図れるような色彩となっています。 また、敷地内にビオトープを設け、休憩時にゆったりと気分転換が出来るように配慮しています。

八十島プロシード仙台工場 精密切削加工の限界を打破する工場を目指して

  • お問い合わせご案内
  • お問い合わせ
  • 電話番号
  • PEEKカット販売 申し込みページへ ご希望のサイズ・数量を早く、安くお届けします。
ページの先頭へ戻る