3D Printing Body Guitar「hds」 誕生!

2016年3月8日

3Dプリントボディによるギターが誕生いたしました。


ボディーを 3D プリンターで製作した、新発想、応力分散・音響伝達構造のエレクトリックギター「hds」の1号器が完成。
ご注文の受付を開始しました。

   

このギターの美しいフォルムたるや・・・ため息が出ますね・・・。

 

私どもが製作にかかわらせていただいた3Dプリントボディギターが
ついに完成いたしました。

 

 これをデザインされたのは、平林デザインスタジオ様です。

 詳細はこちら
↓↓↓↓↓
3D Printing Guitar5

ただ美しいフォルムをデザインするだけなら、簡単にできることかもしれませんが、
平林デザインスタジオ様は、ウェブサイトのMUSICの事例でもご覧いただけますように
フェンダー製のギターに装着可能なトレモロや、ベースブリッジなども開発されている
音のプロフェッショナルといっても過言ではないデザイナー様です。
このボディーの3Dプリントの際の音色へのこだわりも相当なものでいらっしゃいました。

また、この3Dプリントボディギターのご注文はもちろんのこと、ご自分のデザインした
ギターを手にとって演奏してみたい、と思われる方がいらっしゃいましたら、
是非、平林デザインスタジオ様にご連絡ください。

 

【製作の流れ】

 SHADEによる3Dデータを3Dプリント用のSTLファイルに変換、修正。

ボディのSTLデータ

↓↓↓↓↓

3Dプリントアウト

 

3Dプリントボディに塗装を施したら、そのフォルムの美しさがよりいっそう際立ちます。

TOPICS

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ