リバースエンジニアリング

各種3Dデータ作成

お客様のご要望に合わせた様々なデータを作成いたします。

◎2Dデータから
2Dデータからの3Dデータ作成
◎イメージ、構想から
機構などもご提案する、3D CADによる設計
◎実物から
3D/CTスキャニングからの3Dデータ作成
リバースエンジニアリングによる3D CADデータ作成

※設計段階における解析および、実製品の比較・検証も行います

構造最適化

寸法最適化、形状最適化、トポロジー最適化により構造最適化をご提案します。

FEM解析

  • モデル化に許される工数はどのくらいか?
  • 要求される計算精度はどの程度か?
  • 工学的に現象を再現するにはどの程度の範囲をモデル化する必要があるのか?

設計CADデータと実物との比較・検証

各種3Dデータ作成

実物からの様々なデータ作成(フロー)

[図]データ作成

3Dスキャンによりダイレクトに作成されるデータのファイル形式はSTLとなります。

3Dスキャニングによりご提供できる3Dデータ

  • STLデータ
    ●STLデータ

    STLデータは三角パッチで構成され、自由に三次元形状を表現できる半面、データ量が大きいため、そのままではCAD上で扱うのが容易ではありません。
    STLデータを扱えるソフトウェアをお持ちのお客様には、STLでお渡しします。

  • 3Dデータ
    ●3Dデータ(IGES、STEPなど)

    STLデータを、CADでも扱える IGESやSTEPに変換してお渡しします。
    このデータはスキャンしたままの表面性状となっており、その境界線は自動面貼り機能により、クモの巣状になっています。

  • 面・フィレットを編集した3Dデータ
    ●面やフィレットを指定した3Dデータ(IGES、STEPなど)

    切削加工やFEM解析など、スキャンデータの使用目的によっては、境界線の再編集を行う必要がある場合あります。用途に合わせて、面やフィレット等の指定を行ったデータに加工、編集したデータを作成いたします。

  • 3D CADデータ
    ●リバースエンジニアリングにより作成した3D CADデータ(IGES、STEPなど)

    スキャンデータを元に、リバースエンジニアリングにより3D CADデータを作成いたします。

お客様のご要望に合せた様々なデータを作成いたします。

実物からの3Dデータ作成(リバースエンジニアリング)

高精度な製品を実現するために、成型加工・切削加工等、製品製造方法によりデータも作り方を変えていく必要があります。
加工のことを製造サイドの意識で考えたデータを実現できるのが当社の最大の強みです。

リバースエンジニアリングにより作成されるデータ
作成データ 表面凹凸 計測データとの誤差 メリット・デメリット
STL/ボクセルデータ
  • 計測データとほぼ同じデータ
  • 表面は平面の集合体なので折れになる
最多

※測定データに一番近い

メリット
スキャンデータに一番近似
形状そのまま3Dプリント可能
デメリット
形状の変更は行いにくい
穴が開くことが多く、穴埋めが必要
点群利用のAutoSurface面データ
  • 凹凸の多い曲面データ
  • CADデータとして出力可能
  • 面の割り方はランダム
メリット
スキャンデータに近似のCADデータ作成
CADデータでの出力(IGES、STEP、…)
デメリット
穴が開くことが多く、穴埋めが必要
面の境界がランダム
点群利用の面データ
  • 計測データを優先しながら面割りをきれいに編集
  • 人体やプロペラなどの自由曲面に多く利用
メリット
手作業による品質の良い面データを作成
CADのデータでの出力(IGES、STEP、…)
デメリット
面のエッジの調整と作成が難しい
幾何形状で作成されるデータの品質には劣る
点群参照の面データ
  • 計測データを一部分のみ利用
  • 可能であれば幾何形状になるように製作
最低

※測定データとの差が大きい

メリット
ほぼ通常のCADデータの品質
CADデータとして完成(IGES、STEP、…)
デメリット
測定された点群から一番離れが多い
データ作成には設計技術が必要

リバースエンジニアリングにおいては、同じ部品でも面の箇所に応じて面データの作成方法を変えることがあります。
その際には、上記の面の作成の仕方を織り交ぜ、複合的に面を作成していきます。

3Dサービス

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ