切削加工技術

歴史に裏付けられた技術がある

1909年にレオ・ベークランド(Leo Hendrik Baekeland米)がフェノール樹脂の工業化に成功。
ベークライト(Baekelite商品名)と呼ばれる合成樹脂が、動植物を原料としない本格的な合成樹脂の第一号といわれています。
八十島プロシードは1937年に創業いたしました。
1937年と言えば、ポリスチレンやアクリル樹脂の工業化に成功したのがこの頃で、その後、ポリアミド(ナイロン)が開発されました。
このように、プラスチックの歴史とともに当社の歴史があるといっても過言ではありません。
樹脂材料が成熟を遂げ、新しい材料が開発されると共に、当社はその材料に向き合い、樹脂材料毎の特性を学び、それぞれの材料に応じた最先端の加工技術を蓄積して参りました。
この歴史に裏付けられた経験と技術力により、お客様に高精度な製品をお届けするのはもちろんのことながら、材料の特徴やお客様の用途に合わせた樹脂のご提案も私たちの大切な役割と考えています。

●Technology Mission

八十島プロシードは、“想像を創造する技術がここにある”のスローガンの下、常に最先端の3Dテクノロジーおよび切削加工技術を駆使し、デジタルとアナログの融合による究極のモノづくりを目指します。


●精密加工にこだわる

私たちにしか実現できない技術にこだわり続けることこそが使命と考えます。
精密加工においても、装置やツールにクォリティを左右されることなく、お客様の究極のご要望を実現するために、加工環境にもこだわり、目指すべき極限のさらに先を見据えています。

例えば仙台工場

精密加工にとどまらず、微細精密加工、あらさ制御加工を行う上で、最適な設計・施工がなされた工場(仙台工場)で加工を行っています。

(振動防御床構造)

東北大学大学院工学研究科の学術指導に基づき、設計、施工されました。
外部からの振動を防御する、他へ振動を伝えない振動防御床構造となっています。

図:振動防御床構造

(温湿度管理体制)

滋賀県立大学工学部機械システム工学科の学術指導に基づき設計、施工されました。
断熱効果を高め、空調は、冷温水を利用した空調システムを採用、各エリアに複数のセンサーを設置、常に温度21℃±1℃、湿度50%±10%を維持しています。

加工技術のご紹介

高精度加工

加工用素材の特性、加工形状に基づいた加工工程、加工条件を選択し、お客様の要求事項に合った製品の加工を行っています。

  • 三次元加工三次元加工
  • 工程集約加工工程集約加工
  • 組立後加工組立後加工

微細精密加工

μ単位での寸法公差、幾何公差に対応する加工環境、加工設備を整備し、精度検証を行う検査体制を確立し、お客様のご要望にお応えできる製品の加工を行っています。

  • 微細精密加工微細精密加工

微細穴加工

加工用樹脂素材の特性に合わせ、加工条件を最適化し、振動防御、温湿度管理の整えられた環境下で、加工を行っています。

  • 微細穴加工微細穴加工

自由曲面加工

様々な加工形状に、5軸同時制御加工を駆使し、お客様のご要望にお応えできる加工を行っています。

  • 自由曲面加工自由曲面加工

溶接・溶着加工(PEEK)

耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性に優れるPEEK樹脂(ピーク)の高精度溶接・溶着加工を行っています。

  • 溶接・溶着加工(PEEK)溶接・溶着加工(PEEK)

あらさ制御加工

大学の研究機関と共同研究により確立された加工技術を用い、自由曲面、平面において要求される表面性状を機械加工、ラッピング・ポリッシング加工を駆使し、対応しています。

  • ラッピング加工ラッピング加工
  • ポリッシング加工ポリッシング加工

アセンブリ加工

樹脂単体の加工にとどまらず、他部品(他材質)とのアセンブリに対応しています。

  • アセンブリ加工アセンブリ加工

切削加工技術

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ