自動車業界における樹脂加工・設計支援サービス 八十島プロシードでは長年切削加工を培ってきており、高精度な加工を始め、用途に合わせてお選びいただけるようなさまざまな種類の3Dプリンターを保有。開発から生産まであらゆるステージにおける課題解決をお手伝いさせていただきます。

3Dテクノロジーと切削加工で、設計開発を加速・生産現場の課題解決をサポート。

フロー

3Dプリント出力

樹脂の3Dプリンター保有台数は国内トップを誇ります。
材質や製法も様々な装置を導入しているため、お求めのスペックに合わせてご提案をさせていただきます。

大型サイズ 3Dプリント出力

バンパーや配管パーツなどの大型パーツも3Dプリント出力が可能です。
対応材料は以下をご参照ください。

  • 粉末焼結積層(SLS)ナイロン12 サイズ:x675 × y365 × z560 mm
  • 熱溶解積層(FDM)ABS、ナイロン12CF、PEKKなど サイズ:x910 × y610 × z910 mm

熱溶解積層(FDM) Fortus900mc 造形可能材料

  • ABS-M30
  • ABS-M30i
  • ABS-ESD7
  • ABS i
  • ASA
  • Nylon12 CF
  • Nylon6
  • PC
  • PC-ISO
  • PC-ABS
  • ULTEM 1010
  • ULTEM 9085
  • Antero800NA(PEKK)
  • ST130(消失モデル用材料)

バンパー

3Dプリント出力の詳細はこちら

PPS 3Dプリント出力

世界初のPPS(ポリフェニレンサルファイド)の3Dプリンター(粉末床溶融結合方式)を2018年に導入。PPS、PPSガラスファイバー入り、PPSカーボンファイバー入りの造形が可能です。自動車部品では、燃料ポンプインペラ、ハウジング、スロットルボディー、冷却水ポンプインペラ、冷却用配管、ランプリフレクター、オイルコントロールバルブ等のパーツで採用され、PPSは自動車の軽量化において重要な役割を担っている材料です。

レゾルバ,パイプ

その他、PP、6ナイロンガラス入り、PBT等も試作対応可能です。お問い合わせください。

PPSの造形はこちら

難燃性材料 3Dプリント出力

各種燃焼性試験に準拠した素材から3Dプリントをお選びいただくことが可能です。

試験名 FMVSS 302
(自動車用内装材料の燃焼試験)
UL-94
(BlueCard)
FAR 25.853※
(航空機の燃焼性試験)
鉄道車両用燃焼性試験
造形材料(装置名) PA12・PA12GB
(HP Multi JetFusion)
V-0 ULTEM™9085・ULTEM™1010
(FDM)
ULTEM™9085・ULTEM™1010・Antero™800NA・Antero™840CN03(FDM) PPS GF(RaFael)
HB PA12・PA12GB
(HP Multi JetFusion)

※FAR 25.853の詳細試験内容については別途お問い合わせください。

切削加工

創業以来80余年、樹脂材料にこだわり、材質ごとに最適な加工方法を追求して参りました。自動車部品で多く使用されている材料であるPEEK、PPS、6ナイロン、66ナイロン、PBT、PC,PPその他ガラス繊維グレードなどの加工実績も多数ございます。
自動車部品の金型量産前試作のお手伝いもさせていただきます。(ご支給材での加工も承ります。)

切削加工

切削加工技術はこちら

3Dプリントの仕上げ加工

3Dプリント製品にさまざまな仕上げ加工を行うことが可能です。

ハイブリッド加工(切削加工による精度調整・面仕上げ)

3Dプリントの弱点である寸法のばらつきや面粗さを切削加工によってカバーします。今まで、3Dプリントの精度の低さが要因となり使用できなかったパーツやジグへの応用をご提案します。
用途:検査ジグの寸法調整、配管の水漏れ試験(シール面の寸法調整)など

イメージ

表面研磨

透明材料(VeroClear)は研磨を加えることで透明度が上がり可視化モデルとしての価値を高めます。
また、粉末材料やFDM材料においても造形の段差や粉末のざらつきなど、表面をなめらかに処理することが可能です。
用途:流体検査の機能検証、摺動部品、塗装前の表面仕上げなど

研磨

塗装

成型品の光沢面やシボ・金属のメッキ調塗装などリアリティを追求した塗装が可能です。
DICやPANTONEのご指定や実物からの調色も承ります。

塗装

染色

粉末材料に染料を含浸させることで着色が可能です。基本色は黒色です。
その他の色はお問い合わせください。

染色

設計支援

デジタルデータを利用し設計したシボ加工をはじめ、次世代のものづくりを取り入れ、業務軽減とリードタイム短縮に貢献します。

デジタル シボ加工

画像データからシボ加工を施すことができるため、従来のシボ加工に比べてデザインの自由度が増します。
データ上にシボを入れることで、一度に複数種類のシボを試作で表現することが可能です。
八十島プロシードでは、ボクセルデータを自在に扱うことで、次世代の3Dモデルデータ作成をサポートさせていただきます。

デジタル シボ加工

3Dスキャン・CTスキャン

「現物に手加工で修正を加えたため、データが無い。」「非破壊で内部構造まで再現を実施したい。」など、3Dスキャン・CTスキャンのご要望は多岐に渡ります。大型の製品で輸送が困難な場合は、出張スキャニングも可能です。3Dスキャン・CTスキャンの活用目的をお伺いした上で、最適なデータ撮影を実施します。

3Dスキャン・CTスキャン

3Dスキャン・CTスキャンの詳細はこちら

お問い合わせ

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ