超音波診断用エコーゲルパッド

超音波診断における凹凸部や表層部の画像取得の課題へアプローチ。
従来の軟質ゼリーの代替材料。

超音波診断では、凹凸のある体表面や表層部分を観察する場合において画像の抽出が困難となっています。超音波診断用「エコーゲルパッド」を従来の軟質ゼリーに置き換えて使用することにより、凹凸部位や表在部位を明確に描出し、アーチファクトのない画像抽出が可能です。 現在、整形外科、形成外科、口腔外科など多くの診療分野にご採用いただいております。また、工業用非破壊検査分野においては、水などを使用せずに検査が可能になるため応用が広がっています。

特徴とメリット

八十島プロシードは、超音波診断用「エコーゲルパッド」を分子設計、配合調整、成型まで一貫して自社で実施。用途に合わせたオーダーメイドの形状の設計・成型のご相談にも応じます。
基本物性は以下をご参照下さい。必要に応じ、硬度の数値をカスタマイズすることが可能です。

  • 超音波診断用エコーゲルパッド
  • エコーゲルパッド
    エコーゲルパッド
  • 従来のジェル
    従来のジェル

規格サイズ

① エコーゲルパッド

100×100×3mm 1個 (品番:EP-S-03)
100×100×5mm 1個 (品番:EP-S-05)
100×100×10mm 1個 (品番:EP-S-10)
100×100×20mm 1個 (品番:EP-S-20)
100×100×30mm 1個 (品番:EP-S-30)

② エコーゲルパッド N(鼻骨形成用)

販売は以下、帝人メディカルテクノロジー株式会社へお問い合わせください。

https://teijin-medical.co.jp/

③ エコーゲルパッド F

片面にフィルムを配置し、強度と摺動性を向上させました。
(製品詳細についてはお問い合わせください。)

100×50×3mm 2個一式 (品番:EP-F-03)

※上記以外の特注形状も製作可能です。お問い合わせください。


基本情報

材質:セグメント化ポリウレタンゲル(SPUG)

基本物性(測定温度:20°C)
音速 1389 (m/s)
密度 1,020 (kg/m3)
音響インピーダンス 1.42×106(Pa・s/m)
硬度(アスカーF硬度計) 53(度)
減衰度 (5MHz時) 3.5 (dB/cm)

その他物性

エコーゲルパッド EP-Sシリーズの生体適合性及びJANコード

→現在取得中 2019年4月公表予定

(その他、医療用途として使用する際の免責事項)

免責事項
本製品は単回使用の製品です。
オートクレープ滅菌、EOG滅菌には対応しておりません。
製品の変色、割れなどが生じた場合には、直ちに使用を中止してください。
エコーゲルパッドの保管は添付注意書きに記載した手法により実施してください。

資料ダウンロード

素材PDFダウンロード

オンラインショップ

弊社取扱の製品をオンラインショップでお買い求めいただけます

オンラインショップページへ

材料一覧

見積依頼・お問い合わせ

お問い合わせフォームお電話でのお問い合わせ